コーマ株式会社ホーム > 会社概要 > 当社の歴史(沿革)

 

当社の歴史(沿革)

 

大正11年(1922年) 創業者故吉村駒三翁、現在の地に靴下製造業を始める
昭和26年(1951年) 株式会社吉村駒三商店として改組
昭和38年(1963年) コーマ株式会社に社名変更
昭和43年(1968年) 大阪府品質管理委員会の指導を受けてQCを導入
昭和45年(1970年) 業界初の大阪府品質管理推進優良工場となる
昭和47〜48年
(1972年〜1973年)
ラインの大幅近代化および工場の増改築
平成元年(1989年) 二代目前社長故吉村武、藍綬褒章を受章
平成7〜10年
(1995年〜1998年)
編機のドラムレス化、5本指機導入によるオリジナル商品開発
平成12年(2000年) 直営店「PONY-SHOP松原店」が開店
平成16年(2004年) ライセンスブランド「CW-X」「PONY」を発売
平成16年(2004年) ボイラーのガスへの転換によるコージェネ化。ドレン回収による環境への取り組み
平成17年(2005年) 濾過新システム導入により飲料用水質基準適合、緊急時水源として松原市の指定を受ける
平成18年(2006年) 技術ブランド「3D SOX」を開発し、基本特許取得
平成18年(2006年) 第14回靴下求評展において経済産業省製造産業局長賞を受賞
平成18年(2006年) 事業展開として介護老人施設建設完成
平成21年(2009年) オリジナルブランド「FOOT MAX」「らくらく博士」を発売
平成22年(2010年) 文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞
平成22年(2010年) 第16回靴下求評展において経済産業大臣賞を受賞
平成23年(2011年) 「大阪ミュージアムショップ」にFOOT MAXが選定され販売を開始
平成25年(2013年) 大阪府認定ブランド制度「大阪製」にオリジナルブランドFOOTMAXが認定
平成28年(2016年) リオデジャネイロオリンピック 自転車競技オムニアム代表 窪木一茂選手へ製品をサポート
平成28年(2016年) はばたく中小企業・小規模事業300社(技術・技能部門)で経済産業大臣賞を受賞